徒然なるままに

低層棟の南面のお庭に咲いている房咲き種の二ホンスイセン。
冬から春先にかけて、毎年開花し目を楽しませてくれます。
スイセンは、変化に富んだ多くの品種がありますが、太陽の郷のほとんどのスイセンは房咲き種のもので、分球して見事な群生になります。
冷たい風に打たれてもゆらゆらと揺れるスイセンの花を見ると、たくさんの元気をもらいます。

花言葉…うぬぼれ、自己愛

PAGE TOP