徒然なるままに

太陽の郷玄関前、集会室脇の梅が開花し始めました。空気の澄んだ日には、ロータリーから雪化粧した丹沢山地を背景にご覧いただけます。
現在では花見といえば桜ですが、奈良時代では花見の主流は梅だったようです。
梅には花梅、実梅とありますが、郷では花をお楽しみいただいた後、実も収穫します。

花言葉…高潔、優美(紅)、気品(白)

  

 

PAGE TOP