徒然なるままに

第一病舎前にある桜の木です。 オオシマザクラとエドヒガンの交配で生まれた日本産の園芸品種です。
明治中頃から圧倒的に多く植えられた品種で、桜開花の基準木として、今日では使われています。
名前の由来は、江戸の染井村の植木屋さんによって育成され、ヨシノザクラと呼ばれましたが、吉野山のサクラと誤解を避けるため、染井村の名を取り改名されました。
花色は、蕾のときは濃いピンクに見えますが、咲くにつれて色合いが薄くなります。

花言葉…優れた美人、純潔

  

 

PAGE TOP