徒然なるままに

ひょうたん池の周辺に咲いているお花です。
「蓼食う虫も好き好き」という諺のタデは、辛みのある葉が薬味などに使われているヤナギタデを指しますが、それに対しイヌタデは辛みもなく役に立たないことからこの名が付きました。
有用な植物に似ていて役に立たないものに「イヌ〇〇」という名がつくことが多いです。
また、赤い粒のような花をばらして赤飯に見立てて、ままごと遊びに使われたことから別名「赤まんま」といいます。

花言葉・・・あなたの為に役立ちたい

PAGE TOP