徒然なるままに

ロータリーから庭へと続く階段を下りた左手に咲いています。
春を告げる花として有名です。お正月用の縁起もののお花として「難を転じて福となす」と言われ、南天と共に販売されていますが、本来、野生のものは2月頃から咲き始めてきます。
光に敏感で、日が当たらないと寒さをしのぐため花が閉じてしまいます。
旧暦の正月に咲きだすことから、別名「元日草」「朔日草(ついたちそう)」とも呼ばれます。

花言葉…永久の幸福・ 悲しき思い出

PAGE TOP