徒然なるままに

【ジャズコンサート7月2日】
フェルマータ楽団によるサマーLIVEを催しました。
近隣高校の先生とのご縁から、初めての企画が実現できました。
曲は、A列車で行こう・モーニン・イパネマの娘・川の流れのようになどです。

 

【浜降際7月17日】
例年海の日に、茅ヶ崎サザンビーチで開催される一大イベントです。
筆者もホームから、5時前には出かけましたが、すでに大勢の人盛りでした。
午後は、毎年太陽の郷ロータリーに、子供神輿を入居者共々出迎えます。

 

【絵画教室8月12日】
南湖院にゆかりのある講師2名を毎月第2土曜日迎え、絵画教室が始まりました。
クレヨン・クレパス・色鉛筆などを使い、生け花などを自由に描くことが老化防止にもなるようです。

 

【ヨーガ&シタール9月7日】
入居者と講師のつながりにより、昨年秋からヨーガ教室が毎月第1木曜日に開催されています。
今回は、和室の東屋でヨーガの後、図書室に移動しシタール演奏を聴くことができました。
インドの楽器に皆、好奇心の目で観賞していました。

 

【歌の広場9月13日】
入居者参加型のコーラスグループ主催による「この指とまれ」コンサートも4回目となりました。
懐かしの歌をピアノと指揮者の音頭で、参加者皆で歌う楽しい会です。

 

【市民講座9月30日】
毎年この時期に、茅ヶ崎市文化生涯学習課により開催される「南湖院の歴史講座」です。
今回は、〈南湖院の医師たち〉の題目で、結核療養所南湖院で治療に尽くした医師たちの人物像と経歴について、毎回講師の大島英夫氏が説明されました。

PAGE TOP