徒然なるままに

この早春期にお庭にカーペット状にコバルトブルーの小さいお花を咲かせる植物です。
ヨーロッパ原産の植物で、日本には明治時代に入ったと言われています。
路傍や畦道などでよく見られることが多いです。
元々、日本に自生していたイヌノフグリに似ており、大きいことからこの名が付きました。
お花は、太陽の光によって開閉し、一日で落花します。

花言葉…忠実、信頼

PAGE TOP